ひめくりおつまみレシピ

アスパラ生ハム巻きのフライ風

ズッキーニのコンソメチーズ焼きを作って以来、パン粉にオリーブオイルと粉チーズを混ぜて焼く調理法にハマッています。今回はアスパラ。生ハムで巻いてパン粉をまとわせ、香ばしくサクサクに仕上げました。

材料

  • アスパラ 7本
  • 生ハム 14枚
  • パン粉 大さじ4 ★
  • 粉チーズ 大さじ2 ★
  • オリーブオイル 大さじ2 ★

▼オイルはギリシャ産キヨエ・オリーブオイルを使いました。さらりとしていて脂っこくなく、焼く・揚げる、何にでも使えます。

キヨエ・エキストラバージンオリーブオイル250ml(コールドプレス製法・ギリシャ・クレタ島産)
created by Rinker

使った道具

  • 包丁&まな板
  • ピーラー
  • バット
  • 軽量スプーン
  • 耐熱皿
  • オーブン(魚焼きグリル)

耐熱皿は南部鉄器の「焼き焼きグリル」を使いました。魚焼きグリルに入れて魚や肉を焼いたり、野菜をのせてオーブンで焼いたり、直火でも使える万能なアイテム。取っ手と鍋敷きが付いているので、調理してそのまま食卓へ運べます。

作り方

❶アスパラは洗って根元を落とし、根元から半分くらいピーラーで皮を剥き、半分に切る。

❷アスパラに生ハムを巻く。
※斜めにくるくる巻いていくと綺麗に巻けます。

❸ボウルで★の材料【パン粉大さじ4・粉チーズ大さじ2・オリーブオイル大さじ2】を混ぜ合わせる。

❹耐熱皿に合うパラを並べ、まんべんなくパン粉をのせる。

❺200℃のオーブンで10分焼く。焦げ目が付かなければ魚焼きグリルに移してさらに30秒〜1分ほど焼いてできあがり。

塩気の強い生ハムの場合は、半分に切って巻くなど調節してみてください。

こんがりサクサク香ばしい衣、アスパラの甘み、生ハムの塩気が絶妙です!巻いてのせて焼くだけなのに、立派なおつまみに早変わり。耐熱皿のまま食卓へ運び、熱々をお楽しみください。ワインがクイクイ進みますよー!

レシピブログのランキングに参加中!
▼ポチッと応援いただけるとうれしいです▼

合わせたお酒とおつまみ

合わせたお酒は、スパークリングワイン「レ・グラン・シェ・ド・フランス・レ・ダムリエール・ヴァン・ムスー・ブリュット」

グラン・シェ・ド・フランスはアルザスに本拠地を置く、フランスを代表するワイン、スピリッツグループです。グループは1979年にジョセフ・エルフィッシュにより設立されました。以前はスピリッツを生産していましたが、ワインの醸造、熟成を始めワイン業界に進出しました。

ワインに付属の説明書より

ゴールドの色味が華やか。泡立ちも豊かです。芳醇な果実味がふわっと広がり、キレのある辛口。後味も良く、食中に飲んでもほどよく調和します。がっつり洋食、じゃなくても、和食や普段の食事の延長で飲める味。キリッと冷やして飲んでうまうまな泡ワインでした!

▼京橋ワインの9本セットのうちの1本。このセット、かなりいいです!ほんと夏にうれしい味が揃ってる。

合わせたおつまみはこちら。たこの梅肉カルパッチョ、コンビーフのポテサラ、燻製たまごなど。梅肉との相性も良いワインでした。軽い日本酒感覚で飲める。

▼ほかのおつまみのレシピはこちら