ひめくりおつまみレシピ

蒸し牡蠣のレモン昆布〆

蒸し牡蠣をレモンと一緒に昆布〆にしました。調味料なしで素材の旨味を引き出した、絶品おつまみです。生牡蠣を使う場合は一度蒸してから昆布で締めてみてください。

「蒸し牡蠣のレモン昆布〆」の材料

  • 蒸し牡蠣 6個(105g)
  • だし昆布 牡蠣を覆う大きさのものを2枚
  • レモン 輪切り1枚

▼昆布〆用の昆布もおすすめです。

「蒸し牡蠣のレモン昆布〆」に使った道具

  • 包丁&まな板
  • ラップ

「蒸し牡蠣のレモン昆布〆」の作り方

❶レモンを厚さ5mmくらいの輪切りにして6等分に切る。

❷牡蠣を覆う大きさの昆布を2枚用意する。昆布に牡蠣とレモンをのせる。

❸もう1枚の昆布を上にのせ、ラップで包む。

❹もう一度ラップで包み、冷蔵庫で寝かせる。

5時間ほどおいてから食べてみてください。1晩寝かせるとさらに旨みが増します。ぎゅっと味が濃くなった牡蠣に、爽やかなレモンの香りが加わって、えも言われぬおいしさ。塩も何も足していないのですが、それで十分。一口食べると驚きます。これはお酒泥棒!

日本酒や白ワインのおつまみに。ぜひ作ってみてください!

レシピブログのランキングに参加中!
▼ポチッと応援いただけるとうれしいです▼

▼昆布〆のレシピはこちらにも