ひめくりおつまみレシピ

甘辛味がイイ!さつまいもと牛挽肉の炒め煮(3月14日)

娘が大好きなさつまいもをどっさり購入したので、ごはんにもおかずにも合う「おかづまみ」を作ってみました。牛挽肉と合わせて、甘塩っぱく炒め煮にします。さつまいもは一度蒸篭で蒸しているのでホクホクしっとりな食感。牛肉の甘い脂がよく絡んでおいしい!コクのあるビールとぴったりです。

「さつまいもと牛挽肉の炒め煮」の材料

  • さつまいも 300g(大2/3)
  • 牛挽肉 250g
  • めんつゆ 大さじ3
  • 醤油 小さじ1
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 水 50cc
  • サラダ油 小さじ1

【生活クラブの消費材】さつまいも、牛挽肉、めんつゆ、醤油、酒、みりん、砂糖

「さつまいもと牛挽肉の炒め煮」の作り方

❶さつまいもを1㎝の暑さのいちょう切りにして、10分程度水に晒して灰汁を取る。
※細いさつまいもであれば半月切りに。
❷灰汁を取ったさつまいもを蒸篭で蒸す。5〜10分程蒸し、竹串がすっと通るくらいの柔らかさになればOK
❸フライパンにサラダ油小さじ1をひき、牛挽肉を炒める。
※油が出てくるのでキッチンペーパで拭き取る。
❹牛肉に火が通ったらさつまいもを入れ、酒大さじ2、砂糖小さじ1、めんつゆ大さじ3、水50ccを加え、蓋をして蒸し煮にする。
❺煮汁が少なくなってきたら醤油小さじ1、みりん大さじ1を加え、みりんのアルコールが飛んだらできあがり。

てりてりでいい感じです。さつまいもに牛肉の旨味が染みて美味!めんつゆがさつまいもの甘さによく合います。この甘塩っぱさがたまらない!白ごはんもお酒も進みます。これは子どもも好きな味なので、お子さんと飲みた時の一品にぴったり。お弁当のおかずにもいいですよ。ぜひ作ってみてください!

「さつまいもと牛挽肉の甘辛炒め」に合わせたお酒

COEDO(コエド)ビール「伽羅 -Kyara-」
インディア・ペール・ラガー(IPL, India Pale Lager)
原材料 麦芽、ホップ
アルコール分 5.5%
内容量 缶 350ml、瓶 333ml

赤みがかった深い黄褐色、伽羅(きゃら)色のビール。白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。6種の麦芽の配合とやや高めのアルコール分が、味の膨らみと丸みあるミディアムボディを織り成しています。低温発酵ラガー酵母による、飲み応えがありながらもきれていく心地よい後味です。

COEDO(コエド)ビール公式サイトより

深い色がキレイ。コクと甘みのある深い味わい、香ばしさ、程よい苦味の濃いビール。牛肉の旨味いっぱいのさつまいもとよく合います。前半は軽めのおつまみとビールで、後半にこのおつまみとビールの組み合わせを持ってくるのがしっくりきそうです。さつまいももインディア・ペール・ラガーも秋に楽しみたいですね。深まる秋にもう一度作りたいです。

COEDO 伽羅-Kyara-
created by Rinker