ひめくりおつまみレシピ

コリコリ茎わかめの梅肉和え

生活クラブで茎わかめを調達したので、さっそく家にあるものでおつまみを作りました。梅干しに白だしを合わせて、ごま油でコーティング。しっかり味がなじんで、ついつい箸が進むおいしさです。たっぷり100g作ったのですが、ちょこちょこ食べていたらあっという間になくなりました。お試しあれ!

「茎わかめの梅肉和え」の材料

  • 茎わかめ 100g
  • 梅干し 1粒
  • 白だし 大さじ1
  • ごま油 小さじ1

▼材料の購入はこちら

茎わかめ 三陸産 300g 塩蔵茎わかめ コリコリ サクサク
created by Rinker

「茎わかめの梅肉和え」に使った道具

  • ボウル
  • ざる
  • 包丁
  • まな板
  • アイラップ(ポリ袋)

茎わかめを漬けるときはいつものアイラップ。調味料が少なめでもしっかり漬かります。

「茎わかめの梅肉和え」の作り方

❶茎わかめを洗い、ボウルに入れてたっぷりの水(分量外)で戻す。30分ほど経ったら、沸騰した湯で20秒ほど茹でてザルにあげておく。

❷茎わかめが冷めたら、1㎝幅くらいの斜め切りにする。

❸梅干しは種を取り、包丁で叩く。
※クッキングシートの上でやると、ボウルに移しやすいです。

❹白だし大さじ1と❸の梅肉を混ぜる。

材料の準備ができました。

❺アイラップ(ポリ袋)に茎わかめと❹の調味料を入れて揉み込み、ごま油小さじ1を加えてさらに揉み込む。

❻空気を抜きながらアイラップの口を結び、冷蔵庫で30分ほど寝かせてできあがり。

茎わかめのコリコリ食感が楽しく、ちびちび飲みたいときのおつまみにぴったり。梅の酸味と白だしのうま味を、ごま油がやさしく包んでくれます。食べるときに白ごまをふりかけても◎

3〜4日くらい持たせる想定で作りましたが、おいしくて2日で食べ切りました。ついつい冷蔵庫を開けてつまんでしまうのです。ごはんにも合うので、「もう一品」ほしいときにも重宝します。常備菜におすすめ。

レシピブログのランキングに参加しています。
▼ポチッと応援いただけるとうれしいです▼

茎わかめの保存方法

これは海藻屋の友人から教えてもらった方法です。一度封を開けたら、冷凍庫で袋ごと保存します。冷蔵だと変色やぬめりが出やすいのですが、冷凍保存だとそれがありません。食感もさほど損なわれず、長期保存が可能です。わが家では2〜3ヶ月ほどで食べ切ります。

使うときは食べたい分だけ取り出し、同じように水で洗い、水に浸して戻せばOK。常温・冷蔵のときと同じように使えます。茎わかめや塩蔵わかめは「量が多くて使いきれなそう」と思って、今まで買うのを躊躇していた方も、ぜひこの方法で生活に取り入れてみてください。食卓が豊かになりますよー!