ひめくりおつまみレシピ

10分でできる!ほうれん草と海苔のサラダ(3月1日)

材料はほうれん草と海苔だけ。調味料もたった2種。シンプルだけど美味しいおつまみサラダをお届けします。ほうれん草と海苔の組み合わせは、娘の離乳食時代に区のパンフレットで知ったもの。確か味付けはだしのみでした。味見してみたら「これつまみになるな…」と。醤油とオイルで大人仕様にした次第です。今では子どもも大人も大好き。もしゃもしゃたくさん食べられる、ヘルシーおつまみです。常備菜にもどうぞ。

「ほうれん草と海苔のサラダ」の材料

  • ほうれん草 1束
  • 焼海苔 1枚
  • 醤油 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1

「ほうれん草と海苔のサラダ」の作り方

ほうれん草をよく洗い、茎と葉の部分に分けてセイロで蒸す。
(茹でてから切ってもOK!)
葉の部分はたまに箸で上下を変えながら蒸すと均等に仕上がります。
ほうれん草をボールに移し、醤油大さじ1、オリーブオイル大さじ1と和え、ちぎった焼海苔を加えてさらに合える。

たったこれだけでできあがり。醤油:オリーブオイル=1:1で、ほうれん草の量に合わせて調節してみてください。サラダオイルでも美味しいです。オイルでコーティングされ、味がよく絡みます。日持ちは冷蔵庫で2〜3日ほど。朝食やお弁当のおかず、子どもごはんにも。冷蔵庫で冷やしておけば、夜ビールのおともに、すぐ食べられますよ!

「ほうれん草と海苔のサラダ」に合わせたお酒

「COEDO(コエド)毬花 -Marihana-」IPAです。
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:4.5%
内容量 缶 350ml、瓶 333ml

淡い黄金色と純白の泡にシトラスを想わせるアロマホップが華やかに香るセッション・IPA。ホップの魅力を存分にお楽しみいただけるように、香り高いホップを贅沢に投入しその香りを丁寧に引き出しました。香り高く洗練された苦味のあるしっかりとしたフレーバーと、低めのアルコール度数にクリアな飲み口のドリンカビリティを両立させた味わいです。ホップの個性とその風味を最大限に引き出す製法にちなんで毬花-Marihana-と名付けられました。

COEDO BEER 公式サイトより

ガツンとした苦味が、海苔と醤油の香ばしさとよく合います。アルコールが低くてグビグビ飲みやすいので、さっぱりとしたベジつまみにぴったり。コエド、好きです。暖かくなってきたので、登場回数が増えそう。

>>Amazonでコエドビールをチェック!<<

>>楽天でCOEDO BEERをチェック!<<