ひめくりおつまみレシピ

薬味たっぷり!生姜が香る「かつおの漬け」

4〜6月が旬の「初鰹」のお刺身で作る「漬け」。生姜をきかせてさっぱりと食べやすく。一晩漬けたら、卵黄をトロッとからませて、薬味をたっぷりのせて楽しみます。切って漬ける、これだけで取ってもおいしくなる簡単レシピです。かつおの柵に出会ったら、ぜひ作ってみてください!

「かつおの漬け」の材料

  • かつおの刺身 1柵
  • 生姜 1かけ(すりおろして大さじ1)
  • 醤油 大さじ3 ★
  • みりん 大さじ2 ★
  • 酒 大さじ1 ★
  • 卵黄 1個分(お好みで)
  • みょうが 1個(お好みで)
  • 大葉 4〜5枚(お好みで)

「かつおの漬け」に使った道具

  • 包丁&まな板
  • ボウル
  • おろし金
  • 計量スプーン
  • 小鍋
  • バット
  • ラップ

▼わが家で愛用している薬味おろし。少量を手軽にすりおろすことができて便利です。

FDstyle エフディ― スタイル 薬味おろし
created by Rinker

「かつおの漬け」の作り方

❶生姜の皮を剥き、おろし金ですりおろす。

❷★の材料【醤油大さじ3・みりん大さじ2・酒大さじ1】を混ぜ合わせ、小鍋に入れて火にかけ、アルコールが飛ぶまで弱火で熱する。

❸❷が冷めたら❶の生姜を入れて混ぜておく。

❹かつおを1cm幅くらいの斜め削ぎ切りにする。

❺バットに切ったかつおを並べ、❸の合わせ調味料をかける。

❻ラップで落とし蓋をし、冷蔵庫で1時間〜1晩寝かせる。

❼漬かったかつおに千切りにしたみょうが・大葉をのせ、卵黄をのせてできあがり。

漬け時間はお好みでどうぞ。1時間くらいで食べられますが、1晩寝かせるとまろやかになり、卵黄との相性が抜群です。2日目の朝にもいただきましたが、熟成がさらに進んでおいしくなっていました。

日本酒のおつまみはもちろん、ごはんにのせて「漬け丼」に、おだしをかけてお茶漬けにしても美味。1柵でたっぷり楽しめますよ!

レシピブログのランキングに参加中!
▼ポチッと応援いただけるとうれしいです▼

▼日本酒に合わせたこの日のメニュー。
エビとしらたきのパッタイ風や、そら豆のチーズ焼き、わらびの醤油漬けなどと一緒に楽しみました。

▼ほかのメニューのレシピはこちら。