ひめくりおつまみレシピ

箸が止まらない!白菜と柚子の浅漬け(1月28日)

漬け物大好き、酒飲み母さんfj(@sake_mama)です。
いつもぬか漬けを常備しているので、そのほかにあまり作らないのですが、残った野菜でパパッと作る浅漬けも大好物です。今回は鍋料理をした後に余りがちな白菜に、冬が旬の柚子を加えて爽やかな味わいに仕上げました。プラスした鷹の爪の程よい辛味が飲酒欲を刺激します。つまり酒が進むということです!冷蔵庫の常備菜にもおすすめ。もう柚子も終わり頃。店頭からなくなる前にぜひ作ってみてください!

「白菜と柚子の浅漬け」の材料

  • 白菜 3〜4枚
  • 柚子 1/2個
  • 塩昆布 2つまみ
  • 鷹の爪 1〜2本分
  • 塩 少々(写真外)

「白菜と柚子の浅漬け」の作り方

白菜は細切りに、柚子の皮はわたの部分を取り除いて千切りに、鷹の爪は輪切りにします。柚子の果汁も使うので、取って置いて。
白菜、柚子の皮、塩昆布、鷹の爪をアイラップに入れ、塩を少々振り、柚子の果汁を搾って加えます。
アイラップに入れたままよく揉み込み、空気を抜いて口を縛って冷蔵庫で寝かせます。

30分ほど放置すると食べられますが、半日くらい経ったころが個人的には一番好きです。2.3日は美味しくいただけるので常備菜としても◎塩、塩昆布の量はお好みで調節してください。柚子がないときは、白ごまやごま油を足すといいと思います。白菜たくさんもらって困った!1束食べきれない!なんてときは、ぜひたっぷり作ってみてください。

「白菜と柚子の浅漬け」に合わせたお酒

ヤッホーブルーイングさんの「インドの青鬼」です。
好きなんです、ヤッホーさん。よなよなエール、水曜日のネコなんかも。

グレープフルーツのような華やかなホップの香りの陰に、思わず「二ガッ!」と叫んでしまうほどホップの強烈な苦味が隠れています。この苦さと深いコクが飲むものを虜にしてやまない、熱狂的ビールファンにこそおすすめしたい個性派ビールです。(公式サイトより引用)

そう、最初のフワッと柑橘系の香りが来た後に、苦味がガツンと来ます。柚子の爽やかな香り、鷹の爪の辛味にぴったり。シャクシャク白菜を食べて、グビグビビールを飲む。止まりません。あまりたくさん食べ&飲みしたくない平日夜のちょい飲みにもぴったりです!

ヤッホーブルーイングさんのビールの飲み比べもおすすめ!
クラフトビールセットなんかもあるので、ビール好きの方は必見!

>>Amazonはこちら<<

>>楽天市場はこちら<<