ひめくりおつまみレシピ

10分でできる簡単なおつまみ!牛肉ときのこのポン酢炒め(1月26日)

ポン酢があれば飲めちゃう、酒飲み母さんfj(@sake_mama)です。
大酒飲みがポン酢をドバドバ使い始めたらアルツハイマーならぬ「アルチュハイマー」だ、なんて怖い話もありましたが。私は適度に飲んで適度にポン酢好きです(ポン酢好きがヤバイ話の引用はこちら)。
ビールや日本酒とも相性の良いポン酢。かけるだけでなく、料理の調味料としても優秀でよく使います。中でも簡単なのが↓このメニュー。牛肉と冷蔵庫にあるきのこと炒め、アクセントに黒胡椒でガリガリ。たった10分で万能おつまみの完成です。ごはんのおともにもいいので、忙しい朝やお弁当のおかず作りにも。

「牛肉ときのこのポン酢炒め」の材料

  • 牛肉(小間切れや薄切り) 240g
  • 舞茸 1袋
  • しめじ 半袋
  • ポン酢 フライパンに1回し半
  • 酒 フライパンに1回し弱
  • 黒胡椒 適宜

ざっくりした分量ですみません。そのくらい適当でいいです。その時の肉の量に合わせて、きのこの量はお好みで。きのこも、エリンギやしいたけ、えのきなんかもいいです。冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと。

「牛肉ときのこのポン酢炒め」の作り方

フライパンに油を引いて牛肉を炒めます。注意点は、調味料がよく回るようによくほぐすくらい。
お肉に8割ほど火が通ったらきのこを加えて肉の脂を回します。
日本酒をフライパンに1回し弱、ポン酢を1回し半くらい加えて、アルコールを飛ばすように炒めます。
黒胡椒をガリガリ振って、最後に香りづけでポン酢をちょこっと加えたら完成。
黒胡椒の辛味が苦手でなければ、お皿に盛った後にもさらに振りかけて。

お子さんと一緒に食べるときは、酒や黒胡椒の量を少なめに調節して。冷蔵庫にあれば、ほうれん草や小松菜、ミニトマトなどの野菜を加えても。彩りがよくなります。お肉は、牛肉の他に、豚肉(小間切れ・バラ・薄切りなんでも○)、鶏肉(もも肉・胸肉の削ぎ切り)でもOK。そのときあるものでぜひ作ってみてください。

「牛肉ときのこのポン酢炒め」に合わせたお酒

休日ワインの続き。
サンタ・ディグナ・メルロ グラン・レゼルヴァ。
チリのクオリティワインのパイオニアが手掛ける、フェアトレード認証を取得するシリーズ。ジャムを思わせる濃密な香りが印象的なメルロ(エノテカ公式サイトより引用)。
おすすめメニューは白味肉や白味魚とのことですが、休日から時間を置いてベリー系の香りがまろやかになり、食中酒としても飲みやすくなっていました。赤身肉にもバッチリです。チリワイン、やっぱり好きだなぁ。
今回はエノテカさんの10本セットで購入しましたが、単品購入でもありですね。