ひめくりおつまみレシピ

とろとろじゅわり!かぶの味噌煮(2月3日)

どうしても「株の味噌煮」に変換される魔法にかかっている、酒飲み母さんfj(@sake_mama)です。かぶです。
酒を飲んでいると味噌味が欲しくなるのは私だけでしょうか?日本酒との相性も抜群で、用意しておけばたいていお酒が進みます。気のせいか飲酒しても翌日スッキリしているような。これは個人差かも。旬のかぶを大好きな味噌で仕立てた、優しい味わいのレシピです。汁もすすりたくなります。日本酒のおともにどうぞ。

「かぶの味噌煮」の材料

  • かぶ 4〜5個
  • 水 かぶが半分かぶるくらい
  • だしパック 1つ
  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 味噌 大さじ2

「かぶの味噌煮」の作り方

かぶの皮を剥き、6〜8等分に切る(かぶの大きさによって調整して)。鍋にかぶを入れ、かぶが半分くらい隠れるまで水を入れ、だしパック1つを入れて火にかける。沸騰したら4ふん弱火で煮てだしパックを取り出す。
酒大さじ2、砂糖小さじ1/2を加えて1〜2分煮る。
味噌大さじ2、みりん大さじ2を加えて煮る。
キッチンペーパーで落し蓋をする(煮崩れを防ぎます)。煮汁が少なくなって、かぶがとろとろになったらできあがり。

かぶは煮崩れ安いので、たまにキッチンペーパーをめくって様子を見てみて。個人的には汁が残っているくらいが好きです。かぶが口の中でとろけます。そして甘じょっぱい汁でまた酒が飲める。たまらん!かぶと一緒に鶏ひき肉を入れて煮てもおいしいです。おかずになります。冬の間にぜひお試しを!

ストックしておくと便利な「だしパック」

ささっと煮物を作りたい時はだしパックを使っています。手軽に本格的なだしの旨みを楽しめて便利。味噌汁、うどん、お鍋など、幅広く使えます。わが家では煮物で1パック、2日分の味噌汁で2パックくらい。水から煮て、沸騰した4分ほど煮出します。煮すぎると魚臭さ、雑味が出るので、そのくらいがベスト。取り出す時はぎゅっとしぼらないように。使い方も簡単です。
鰹節や昆布、煮干しでだしを取る時間はない。けど、顆粒だしでは物足りない。そんな方におすすめ。味噌汁の味もグッと深みが出ます。

今は食品宅配のだしパックを使っていますが、↓こちらも美味しかったです。おすすめ。