fjのガソリン補給

酒飲み母さんがつづる、子育てのこと、食のこと、暮らしのこと。

【レシピ40】うちのポテサラ!甘口さしみ醤油と柚子胡椒でおつまみ仕様だよ。

f:id:fj_uco:20181207134839j:plain

 ポテサラが好きです。居酒屋のメニューで見つけると必ずたのみます。ザ・昭和のポテサラから進化系まで、研究の一環で。わが家でも、鰹節を混ぜただけの簡単なものや、ひと手間加えた燻製ポテサラなど、いろいろ自作するわけですが。その中でも一番多く作っているのがこの『うちのポテサラ』。ポイントは、九州の甘口さしみ醤油と柚子胡椒。それだけです。ビールにも日本酒にも焼酎にも、もちろんごはんのおかずにもばっちり合います!

材料

・じゃがいも 大2個

・卵 M2個

・ハム 60g

・マヨネーズ 大さじ3~5

・甘口さしみ醤油 小さじ1/2

・柚子胡椒 小さじ1/2

・塩 少々

・黒胡椒 少々

用意する道具

・セイロ(鍋)

・まな板、包丁

・ボール

・マッシャー

・フォーク、キッチンペーパーなど

・ヘラ

手順

1.じゃがいもを蒸して(ゆでて)つぶす

→じゃがいもを洗って皮付きのまま8等分に切り、セイロで15〜20分蒸す(鍋でゆでる)

f:id:fj_uco:20181207134505j:image

→粗熱が取れたら温かいうちに皮と芽を取る

(フォークやキッチンペーパーを使うと便利)

f:id:fj_uco:20181207134737j:image

→マッシャーでつぶす

(つぶしの細かさはお好みで。少し形が残っていても美味しい。)
f:id:fj_uco:20181207134730j:image

2.卵をゆでてつぶす

→水から煮て、沸騰したら弱火にして8〜10分
f:id:fj_uco:20181207134831j:image

→すぐに流水にさらして冷やし、殻を取る。
f:id:fj_uco:20181207134749j:image

→フォークでつぶす。サンドイッチの具くらいのイメージ。
f:id:fj_uco:20181207134812j:image

3.ミックスベジタブルを蒸す(ゆでる)

→じゃがいもと一緒に。うちの家族はゴリゴリ野菜が苦手なので、にんじんが柔らかくなるまでが目安。
f:id:fj_uco:20181207134753j:image

4.ハムを短冊切りにする

→5㎜幅くらい。混ぜる時にちぎれるので多少大きめでもよい。
f:id:fj_uco:20181207134734j:image

5.1〜4と★の材料を混ぜる

→じゃがいも、たまご、マヨネーズを先に混ぜてなめらかさを調節
f:id:fj_uco:20181207134726j:image

→醤油、柚子胡椒を加えて味を調整
f:id:fj_uco:20181207134816j:image

→なめらかになるまでまぜる
f:id:fj_uco:20181207134745j:image

→ハムを加えて塩分をみる
f:id:fj_uco:20181207134757j:image

→塩、黒胡椒を少々加えて味を調える(今回は塩を3振り)
f:id:fj_uco:20181207134826j:image

→できあがったら保存容器に移して冷蔵庫へ。味をなじませる。
f:id:fj_uco:20181207134741j:image

さらに黒胡椒をガリガリ振りかけてどうぞ。
f:id:fj_uco:20181207134820j:image

所要時間

30分

ポイント

●マヨネーズの量はじゃがいもの水分や量によって調節を。大さじ3くらいから様子を見る。

●塩、胡椒の量は、ハムの塩分により調節を。多少薄味にしておくと、冷蔵庫で味をなじませた後にちょうどよくなる。

●具材は、きゅうりやたまねぎ、リンゴなど、お好みで。(わが家の男子がきゅうり嫌いなのでこのレシピとなった。)

●醤油は↓の甘口さしみ醤油を使っている。九州在住の友人から教わったものだ。一家に一本、激しくおすすめしたい!