fjのガソリン補給

東東京在住の母さんがつづる、子育てのこと、食のこと、街歩きのこと。

【レシピ30】お弁当のおかずにぴったり!「ピーマンの肉詰め」ソースも作ったよ。

f:id:fj_uco:20170901163829j:image

 お盆に夫の父方の実家のある銚子に遊びに行ってきた。そこでは夫のイトコが畑を営んでおり、立派なピーマンをたくさんお土産に持たせてくれた。帰ってきてさっそく肉詰めに。ピーマン嫌いの夫でもこれは食べてくれるのです。

材料

【ピーマンの肉詰め】
・ピーマン 6~8個
・牛豚合挽き肉 300g
・玉ねぎ 大1/2個
・パン粉 大さじ4
・卵 1個
・牛乳 大さじ1
ナツメグ 少々(なくても可)
・塩 少々
・黒胡椒 少々
・小麦粉 少々
・酒 大さじ1
・油 大さじ1

【ソース】
ウスターソース 大さじ4
・トマトケチャップ 大さじ2

用意する道具

・包丁&まな板
・ボール
・フライパン
・フライ返し

手順

1.玉ねぎをみじん切りにして、ラップをかけ、電子レンジ600Wで1分ほど加熱する

f:id:fj_uco:20170901163304j:image

2.ボールに挽肉、荒熱を取った1の玉ねぎ、パン粉、卵、牛乳、塩少々を入れて混ぜ、よくこねる

f:id:fj_uco:20170901163321j:image

↓離乳食に用にも使うため、ここで取り分ける。

f:id:fj_uco:20170901163343j:image

3.黒胡椒、ナツメグを加えて混ぜ合わせる

f:id:fj_uco:20170901163405j:image

4.ピーマンを縦半分に切り、ヘタと種を取って洗い、水気を拭き取る

f:id:fj_uco:20170901163240j:image

5.内側に小麦粉を振り掛ける

f:id:fj_uco:20170901163423j:image

6.3の肉ダネをピーマンに詰めて、さらに小麦粉を振る

f:id:fj_uco:20170901163445j:image

7.フライパンを中火で熱して油を引き、肉の面を下にして焼き、焼き色が付いたらピーマンの面にも小麦粉を振り掛ける

f:id:fj_uco:20170901165605j:image

8.ひっくり返して焼き色を付け、酒を加えたらフタをして蒸し焼きにする

f:id:fj_uco:20170901163508j:image

9.酒の水分が飛び、中まで火が通ったらピーマンの肉詰めのできあがり

f:id:fj_uco:20170901163532j:image

10.ウスターソースとトマトケチャップを混ぜ合わせる

f:id:fj_uco:20170901163557j:image

11.9のフライパンで10のソースを入れ、クツクツ泡が出てくるまでかき混ぜながら熱する
(コゲが残っていたら拭き取る。肉汁も一緒にソースに混ぜ込む。)

f:id:fj_uco:20170901163615j:image

↓肉詰めにソースをかけてできあがり。

f:id:fj_uco:20170901163829j:image

↓隣のフライパンでは離乳食用のハンバーグを同時進行で焼く。

f:id:fj_uco:20170901163639j:image

↓こちらもフタをして蒸し焼きにしてできあがり。多めに作って冷凍ストック!

f:id:fj_uco:20170901163657j:image

 

所要時間

40分

ポイント

●玉ねぎを事前に温めておくと甘みが出て食べやすい。

●焼くときは肉の面から。そうすると崩れにくく、緑色も鮮やかに仕上がる。

●ピーマンに肉を詰めるときは隙間までしっかりと埋める。今回は朝食時に娘の相手をしながら作ったため雑です。焼いてる間に隙間が生まれたので失敗。。。

●ソースの配合はお好みで調節を。これはハンバーグの時も使える。実家の母の味。

●小麦粉は茶漉しなどを使って。我が家では↓のサラサラタイプを直接振り掛ける。これ、ラベルにある通り、ムニエルや肉を焼くときにも便利。

f:id:fj_uco:20170901163909j:image