fjのガソリン補給

東東京在住の母さんがつづる、子育てのこと、食のこと、街歩きのこと。

【東東京さんぽ】第六天榊神社@蔵前のお祭に行こう!

f:id:fj_uco:20170602144141j:plain

 5月に入り、各地でお祭が開催されている。
先々週は浅草の三社祭、来週は蔵前の鳥越祭。
そして今週末、6月3日・4日は蔵前の「第六天榊神社」のお祭である。
実は近所に住んでいながらまだ一度もお祭には行ったことがないのだ。
(5月はいつもやたら忙しくて外出ばかりしている。)
せっかくなので明日は娘を連れてお参りに行こうかと。

第六天榊神社

 ちょうど、都営浅草線の浅草橋駅蔵前駅の中間くらいに位置する神社である。

景行天皇の時代、日本武尊が東夷征伐の折に創祀したという。古くから「第六天神宮」と呼ばれてきたが、明治6年(1873年)に社号を「榊神社」へ改称した[1]。昭和3年(1928年)、東京高等工業学校(前進は東京職工学校、現:東京工業大学)の跡地に遷座(移転)し現在に至る(詳細は後述)。
当社は「下町八福神の神社めぐりコース(巡礼札所)」のうちの一社に入っている。
Wikipediaより)

↓境内は緑が多い。娘が生まれた後、実はこちらで撮影をさせてもらった。

f:id:fj_uco:20170602144156j:image

 

本社神輿は意外とデカイ!!

宮神輿は台輪幅4尺2寸の千貫神輿で、近隣の鳥越神社の御本社宮神輿に次ぐ大きさを誇る。
Wikipediaより)

 鳥越神社の本社神輿はそれはそれはすごい迫力で、初めて見たときは圧倒された。
それに次ぐ大きさとは!
 しかし近年は、隔年に行われる本祭でも本社神輿が出御しないことが多いらしい。
ただ、町会神輿の連合渡御も迫力があるそうなので、ぜひとも今年は見てみたい!
娘を連れて行きまっせ!最近娘はお囃子の音を聴くとハイテンションになるので、お祭女になる日も近いかと。楽しみである。

 

↓第六天榊神社のTwitterを発見した。こちらで随時情報が発信されている。

twitter.com

 

 第六天榊神社

住所:東京都台東区蔵前1-4-3 [地図]
最寄駅浅草橋駅JR総武線、都営浅草線)、蔵前駅(都営浅草線、都営大江戸線
Web:第六天榊神社(東京都神社庁)