fjのガソリン補給

東東京在住の母さんがつづる、子育てのこと、食のこと、街歩きのこと。

【離乳食】第1週:1~7日目(生後6ヶ月)。器は私のおつまみ用。

f:id:fj_uco:20170413155751j:plain

 いよいよ離乳食開始。

現在娘は11ヶ月なので、もう5ヶ月も前のことなのか…。と遠い目。

■離乳食、いつから始める?

 生後5~6ヶ月に始めるのが一般的とされる離乳食。

地域の離乳食講習会が生後5ヶ月の半ばに開かれたので、我が家ではそちらに参加してから始めることにした。

始める際のポイントとしては、

・大人の食べ物をほしがる
・よだれがでている

など赤ちゃんのサインがあり、

『同じ時間帯に落ち着いてあげられる1週間』を最初に選ぶといいそうだ。
(地域の離乳食講習会より)

『何かあったときにかけこめる病院の開いている午前中』にするのは言わずもがな。

 

■記念すべき、離乳食第1日目

 ちょうど6ヶ月に突入する、とある日。娘の離乳食の第1日目がスタートした。

 もうだいぶ前からよだれダラダラ、親の食べる姿をうらめしそうにじっと見ていたので、きっと食べてくれるんだろうとは思っていたが。

 一さじ口に運ぶと、それは想像以上のがっつきっぷりだった。

がしっとスプーンを両手でつかみ、離さない。

 あぶない。

 こわい。

 離して。

 またすぐあげるから。

記念すべき1日目はあっという間に終了した。

 

■はじめは1さじから

 実際に食べさせた離乳食がこちら。

f:id:fj_uco:20170413155751j:plain

 10倍粥を小さじ1杯だけ。糊っぽーーーい!

これを7日間かけて、小さじ3杯まで増やしていく。

最初の1週間はそれで終了。まずは口に含むことを慣れさせていくのだ。

 

■10倍粥とはなんぞや?

 その名の通り、ごはんを10倍の水で煮たもの。

【分量】

・炊いたごはん 大さじ1
・水 50ml

【作り方】

ごはんをコトコト小鍋で煮て、シャバシャバのおかゆにしたら、ブレンダーでポタージュスープほどのゆるさに。

 

■日に日に激しくなる7日間

 初日から見事ながっつきを見せた娘だが、その勢いは日に日に激しくなる。

「もっとくれ!」と言わんばかりに泣き叫ぶ。

その要求をかなえてあげたいところだが、胃が消化に慣れていないそうなので、多くはあげられない。暴れる娘をよいしょと抱えて授乳タイム。

  ごくごくごくごく。。。。。。。。。。。。

  あれ、終わらない。

「母乳は飲みたがるだけあげましょう」って講習会で言われたけど、いいのか?

離乳食を始めて食欲が増進され、娘のほっぺは日に日にぽちゃぽちゃしていくのであった。。。

 

※この離乳食の進め方はあくまで我が家の場合です。ご参考程度に。
母子手帳や地域の保健センターなので配布される資料の確認をおすすめします。

 

↓↓↓準備編はこちら↓↓↓

 

damenafj.hatenablog.com

 

 

damenafj.hatenablog.com

 

 

 

ののじ 離乳食スプーン CUT-15

ののじ 離乳食スプーン CUT-15